Tag: 勝手に姉妹店 ひとりごと

自家焙煎 香珈(ここ)

画像の説明

 雨の日の平日、千葉県の外房線誉田駅近くにある自家焙煎香珈へ行ってきま
た。誉田駅から歩いて4・5分位のところにあります。

 入り口にある木の看板が静かな雰囲気を感じながら入り口までゆっくり歩くと心も落ち着きます。ビザ釜が有ったり、オリーブの木が植えてあってとても楽しみです。

 香りを大事にしたい珈琲の思いからお店の名前をつけたそうです。漢字の「香珈」が先で「ここ」は後からなんと読もうかと考えてつけたらしく可愛らしい名前です。

 注文したのは飲み比べができる、焙煎度飲み比べ(ミディアムローストと深めのシティーロースト)を注文しました。

画像の説明

画像の説明

 朝飲みたいミディアムローストはすっきりととした飲みやすい珈琲でした。シティーローストは香りを感じるお昼のゆっくりした時間を楽しみたい時に飲むといいかなと思います。

画像の説明

 テーブルにこんな演出がありました。三宮のカード下にあるお店でも一度見たことがあります。私のお店でも取り入れようと思います。
 焙煎の違いでグラデェーションしたコーヒー豆がコーヒー好きな店主の上品な気持ちが伝わってきます。楽しい時間をありがとうございました。

こんなお店が近くに有る方がうらやましいです。

ホームページ



香珈珈琲メンバーになると

生活の一部としてのコーヒーを通じて自分らしい生活や働き方を見つけることができます。コーヒーの焙煎やドリップの仕方を楽しく学べるとともに友達が増えます。
土曜日店内で飲む珈琲が無料です。(通常500円)